トイレリフォーム 相場 手すり

今回の見積り相場 \20,000

 

高齢の母のためにトイレに手すりを取り付けました

 

今回のトイレリフォーム相場

トイレ:4.80u

高齢の母のためにトイレに手すりを取り付けました

  • 手すり=LIXIL 木製手すり(NKF-1SU/WA):\10,600(税抜)
  • 工事費用:8,000円(税抜)
  • 工期:1時間

費用相場:合計金額 \18,600(税抜) 税込:約2万円

 

トイレは高齢者には使いにくい点も多いものですが、トイレリフォームをすることで、足腰の弱った高齢者でも、使いやすいトイレにすることが可能です。足腰の筋肉量が低下してくると、トイレの便座に座ったり、立ち上がるという動作をすることが難しくなってしまうケースがあります。

 

そのような際には、手すりをつけるといったトイレリフォームをするとよいでしょう。手すりというと、公共の施設にみられるような、家庭にはあまり似合わないようなタイプを想像していたのですが、最近では、手すりにもいろいろなものが登場しているようで、木目調の温かみが感じられる手すりを選びました。トイレの壁に使われている板の色とも合っていたので、違和感なく、高齢の母も自然と使うことができるようです。

 

手すりを選ぶときには、太さなども考慮することが大切です。かなりの負荷がかかるものですから、あまり細すぎると頼りなく感じられますから、ある程度の太さがあったほうが安心できると感じました。また、大人の体重に耐えられるように、しっかりと取り付けを行う必要があるでしょう。

 

取り付けのための金具などに気を付けるだけでなく、取り付ける壁が、それだけの力に耐えることができるのかを事前に把握しておくことが大切といえます。もし、壁の強度に不安がある場合には、補強の板を取り付けたり、そのようなやり方が分からない場合には、専門の業者に取り付けを依頼した法が安心ともいえます。

 

足腰が弱い人が頼りにするものなので、それ自体が壊れてしまったり、取れてしまうのでは、けがの原因ともなり、さらに足腰が不自由になってしまう可能性もあるので、取り付けのときには、十分に注意することが必要だといえます。

 

見た目にも素敵で、家具の一部のような木目調のタイプを取り付けたことで、トイレが以前よりも落ち着いた雰囲気になり、母も気に入っていました。

 

やはり、機能面だけでなく、インテリア性なども大切な点です。特に、普段から、家のインテリアなどには気を遣い続けてきた母にとっては、殺伐とした雰囲気の、あたたかみのないものをトイレに取り付けることで、トイレの雰囲気が変わってしまうのではないか、とさみしく思っていたようなので、木目調のタイプを取り付けたことで、安心してトイレを利用できるだけでなく、素敵なトイレになったので、とても喜ばれました。少しの工夫をすることで、高齢者でも快適にトイレを利用できることでしょう。

リフォームの神様の解説

今回はLIXILの木製手すりをトイレに取り付けたぞっ。手すりは大手のメーカーが出しているものから、ホームセンターにあるものまであり、様々な場所に売っておるからDIYで取り付ける人もいるぞっ。

 

業者に頼んで取り付けてもらう時は業者が建材屋さんから材料を仕入れるから、手すりの太さも強度もしっかりしたものを取り付けることが可能じゃ。

 

DIYで取り付ける時は、しっかり壁の中の下地(木材)があるところを見つけてビスを打つようにすることじゃ。そうしないと、せっかく取り付けたのに強度が足りず外れてしまい、最悪の場合は壁に穴が空いてしまうんじゃ。

 

ホームセンターで材料を買う場合は、手すり用の棒とブラケット(金具)とエンド(金具かカバー)があれば仕上がりもそこそこ良い感じになるぞっ。お年寄りが寄りかかって使うものじゃから、怪我をしてしまう可能性も大いにある。

 

心配なようなら、業者に頼むか、見栄えはあまり良くないかもしれないが、木の板を壁の手すりの取り付け部分に入れておくと大丈夫じゃ。

 

手すりの相場自体はあまり高額ではないから、誰でも簡単に挑戦することが可能じゃぞっ。種類も豊富で木目のものもあるし、本当に木を使うことも出来るから、自分の好きなデザインのものを見つけて楽しむことじゃ。

リフォームの青本


リフォーム内容別に相場を紹介していくぞっ!

トイレ本体 壁紙 介護系 その他