トイレリフォーム 最低限の知識

トイレリフォームはどこの業者に依頼しても同じだと思っていないか?

 

実は業者によってかなりの違いがあるんじゃっ!

 

損をするか得をするかは業者選びにかかっていると言っても過言ではないぞ。

 

トイレリフォームの業者を選ぶことだけではなく、基本的なことをしっかりと押さえておくことが重要じゃっ

 

まずは、何のためにリフォームをするか問うことを明確にするじゃっ。

 

目的が違えばトイレリフォームの基本的な内容が変わる。

 

例えば、親が高齢になったために手すりを付ける場合と便器が古くなったために交換と合わせてリフォームする場合では、工事の内容が変わってくるんじゃ

 

あなたの場合は何が目的かよく考えてほしい

 

トイレリフォームをするのは何らかの理由がある。

 

その理由に基づいてトイレの完成形をイメージすることから始めよう。

 

もちろん、スペースの問題などどうしても思ったようにできないこともあるんじゃ。

 

それでもできるだけ希望している形にすることを基本としなければいけないぞっ!

 

せっかく出来上がった新しいトイレでも希望通りでなければ、何となく損をした気分になるんじゃっ。

 

また、使っているうちに後悔の気持ちが出てくる。トイレリフォームをするのは、家を建ててから20年ぐらい経ったころという人が多い。一般的には家族構成が変わった時にトイレリフォームをするケースじゃな。

 

病気になったり、怪我をしたりして障碍者になってしまった場合は、トイレリフォームまでの時間的余裕もないだろう。

 

ある程度は妥協しなければならないこともある。

 

その状況をあらかじめ予想して、事前に検討しておくことは難しいけどしっかりと計画を立ててほしいところじゃな。

 

実際はトイレリフォームがどうしても必要になってから、内容を検討することの方が多いはずじゃ。

 

予算の問題もあるし、新しいトイレは洗浄便座や保温便座が一般的じゃ。

 

現在の住宅では和式トイレになっているところはほとんどないじゃろうが建て替えた時に洋式に代わっているはずです。

 

リフォーム業者の選定も悩みどころじゃ。近くに気心の知れた業者がいるなら、そこに相談することをおすすめしたいところじゃな。

 

価格的に高くついたとしても、その後のメンテナンスを期待することができるし、一時的な損得よりも長期的な視点で考えなければいけないぞ。

 

家は20年から30年の期間でリフォームするものだからじゃな。一生で一番高い買い物とも言うし、リフォームしたらその後はずっと使い続けるトイレじゃっ!

 

お付き合いのある工務店がないなら、早い段階で優良な会社を見つけておくことをおすすめするぞっ!

 

将来的にもずっと頼りにできるので、トイレのような小さなリフォームでも真剣にやってくれる会社は特におすすめできるからなっ!

 

業者選びのポイントはわしがおすすめしている本の中にしっかりと書かれているので、そちらに譲ることにする。

 

無料なので、読まないとじゃぞっ!!

 

トイレリフォーム,本