トイレリフォーム 悪徳業者 見分け方

リフォームの中でも最も手軽と言われているのが、トイレリフォームじゃっ!

 

規模が小さい上、早い業者であれば2、3日で工事が完了してしまうこともあり気軽にできるリフォームとして多くの人が行っているぞ。

 

しかし、トイレリフォームは損御手軽さゆえに悪徳業者に狙われやすいものでもあるので注意が必要なんじゃっ。

 

一般的にトイレリフォームのきっかけは、便器が古くなったとか、ウォッシュレット型にしたいと言ったところから始まるもんじゃが、この場合は基本的には便器の交換や便座の交換だけで済む場合も多いんじゃ。

 

多くの便器にはその取付方法に関し規格が有り、その規格に則って設計されていて、その為便器の種類にもよるんじゃが同じ規格の物を選べば便器の交換だけで済む場合がほとんどじゃ。

 

しかし、悪徳業者の場合にはこの規格を『一般の人が知らないのを逆手に取り、便器の交換を行うためにはトイレリフォームが必要です』という形で全体のリフォームを迫ってくるぞ。

 

しかも、全体のトイレリフォームの価格を総額で見積ってくることで、全体の相場観を分からなくしてしまう方法をとることが多い。

 

トイレリフォームを行う際の壁紙なども本来は様々なものから選べるんじゃが、会社の在庫を押し付けたり、本来は安いものを高く売りつけたりと言った事を行うんじゃっ

 

また、トイレリフォームはその工期が短いため、下水の配管などをいい加減に行い完成させてしまうこともあるんじゃ。

 

完了してしまえば配管工事は見えないので、使用しているうちに臭いがするといったケースはこの配管工事が適切でない場合が多いんじゃっ!

 

このような悪徳リフォーム業者を見分ける方法としては、まずは見積もりをきちんとチェックすること!

 

工事内容について詳細の項目がきちんと記載され、その項目ごとに費用が算出されていることが最低限重要!

 

工事一式といった記載がある場合には、その内容についてきちんと確認することが大切じゃっ!

 

悪質なリフォーム会社は詳細の金額を見せるとその金額が相場価格と異なることが分かってしまうとわかっているので、あえて詳細の金額を見せずに全体の費用だけをだしてくるんじゃっ!

 

便器の価格についてはリフォーム会社の場合には大手便器メーカーの代理店となっていることが多いので、定価に対して3割から4割は安く販売できるものなんじゃが、便器の価格も定価で見積っている場合などは、その根拠を追求するのも悪徳業者を排除する一つの方法です

 

悪徳業者を見分けるにはしっかりと知識を身につけることが大切なんじゃっ!

 

わしがおすすめしているリフォームの暴露本には悪徳リフォーム業者を見分けるコツがふんだんに紹介されているぞっ!

 

読むのにお金は一切かからないので、読むだけ読んでおくことをおすすめするぞっ!

 

トイレリフォーム,本