トイレリフォーム 相場 バリアフリー

今回の見積り予算 \550,000

 

高齢の父のためにトイレをバリアフリーにリフォームしました

 

今回のトイレリフォーム相場

トイレ:4.10u

トイレをバリアフリーに

  • トイレ=TOTO レストパルF3AW L型まるごと収納タイプ:\380,000(税抜) 定価\502,200(税抜) 
  • フローリング調クッションフロア=サンゲツ Hフロア:\12,000(税抜)
  • 手摺:TOTO インテリアバー:\23,000(税抜)
  • 工事費用:\90,000(税抜)
  • 工期:3日

費用相場:合計金額 \505,000(税抜) 税込:約55万

 

両親ももうすぐ75歳になったけど、全然元気で父は週末には毎週趣味のゴルフに出かけて、母は友達との旅行を楽しんでました。

 

そんな元気だった父が大好きな熱いお風呂でのぼせて、浴室でコケて腰の骨を骨折しました

 

腰骨を折ってからは、急激に衰えて、外出する時には必ず杖をついて歩くようになり、大好きだったゴルフもできなくなりました。

 

母も旅行中に、転倒して、膝を傷めて以来、道路の縁石にもつまずくようになりました。

 

自宅にマンションは、新築で買った当時はまだバリアフリーの走りだったため、段差がかなりあったので、これから介護をするのにも大変だと思って、マンション全体のバリアフリーへのリフォームをやろうと考えました。

 

リフォームについて全くの素人だったので、リフォーム業者が主催するリフォームセミナーに参加して、バリアフリーについて勉強しました。

 

本屋さんで、トイレリフォームや浴室リフォームなどの介護向けのバリアフリー特集の本を買ってきて読んだり、リフォーム会社のホームページや個人ブログを読んでいくらぐらい掛かるのかを計算しました

 

管理会社にも相談しましたが、紹介してくれた業者の見積もりが、相場の2倍だったので全く役に立ちませんでした。
ネットで見つけた口コミの評判のいい数社のリフォーム会社に見積もりを出してもらって一番コスパのいい業者に決め手契約しました。

 

細かい打ち合わせや、要望を聞いてもらうために、3回来てもらい工事内容を詰めていき、納得がいくまで妥協せずに要望を聞いてくれました。

 

工事日前に、廊下やトイレや浴室にある荷物を全部勝片付けました。
当日には、3人で来て、1日係りで床の段差のある部分を撤去した後しました。

 

2日目はトイレとフローリングの段差を無くすために、剥がした床材の上に新しいフローリングの板を貼って平らにしました。
お風呂と脱衣所の間の段差も、浴室のサッシや浴室ユニットを全部新しいものに変えて、段差のないサッシを付けました。

 

浴室もまたがなくてもいいように、浅い浴槽に変えました

 

タイルでコケて骨折したので、滑らないクッション性の高いタイルを使いました。

 

トイレの床には転倒しても怪我をしないように、ゴム製のクッション材の床材を全面に貼り、左右に手摺りを付けました。

 

トイレリフォームが終わった後に、床が10センチ近く下がったおかげで、トイレの天井が高くなり、以前より広々とした解放感のある空間に生まれ変わりました

今回はトイレをバリアフリーにリフォームしたぞっ。バリアフリーにしたり、手摺を取り付ける工事には介護保険が使える場合があるんじゃ。そのお宅におられる高齢者の介護度によって金額が異なってくるから、ケアマネの方に確認するようにすると良いぞっ。

 

トイレはTOTO レストパルを取り付けたぞっ。このトイレは後ろにキャビネットがあるタイプで収納もあるんじゃ。ごちゃごちゃしがちな掃除道具やトイレットペーパーも入るんじゃ。収納力はピカイチじゃ。また、手洗いも出入り口付近に取り付けることが出来るんじゃ。

 

手洗いは立ち上がって振り向いて洗う動作は腰に負担がかかってしまうんじゃが、手洗い器が別にあれば楽な姿勢で手が洗えるぞっ。子供が手を洗う時も無理なく手が洗えるんじゃ。また、カウンターがあるから手摺代わりに手をつくことも出来るぞっ。

 

今回はこのトイレのオプションの手摺を選んだんじゃ。セット価格で出来るから、業者に確認すると良いと思うぞっ。手洗いも既存の給排水を利用できるから、水道工事をプラスでしなくても良いんじゃ。

 

トイレ自体の機能も充実しておるから、雰囲気もガラッと変わって素敵なトイレになる事間違いなしじゃな。

リフォームの青本


リフォーム内容別に相場を紹介していくぞっ!

トイレ本体 壁紙 介護系 その他