トイレリフォーム 相場 窓

今回の見積り相場 \300,000(税込)

 

トイレの小さい窓を日の差し込む窓にリフォームしました

 

今回のトイレリフォーム相場

トイレ:1.94u

トイレの小さい窓を日の差し込む窓にリフォーム

  • 窓=三協アルミ アルジオ:¥57,000(税抜) 片上げ下げ窓タイプ
  • ウォシュレット=LIXIL KB21:¥70,000(税抜) 定価¥84,000(税抜)
  • 工事費用:\150,000(税抜) 税込:約30万円
  • 工期:1日

費用相場:合計金額\277,000 税込:約30万円

 

私の家は、建て売り住宅で購入しました。元々中古住宅として購入しましたが、中古住宅の場合、間取りを自由に選ぶことは出来ません。細かい所まで100パーセント理想の住宅を購入するのは難しいのです(もちろん注文住宅でも同じことが言えますが)

 

そこで、住宅を購入する段階で優先順位を決めます。家の間取りで言えば子供も部屋があるかどうか、リビングの日当たりがいいかどうか、家事動線がしっかりしているかどうかなどです。しかし、これらを考えて行くと、トイレについては二の次になります。私の家のトイレは窓がありません。そのため、昼間でも電気をつけなければならない程暗いのです。

 

ある時、久しぶりに実家に帰ったところ、トイレに入ったときに電気をつけずに入ることが出来ました。トイレには窓があるからです。

 

西向きですが、それなりに明るく夕方ぐらいまでは電気がない状態でも入ることが出来るのです。そこで、自分の家のトイレリフォームの際に窓を設置することにしました。問題はどれくらいのお金がかかるかと言うことです。普段から価格なんて気にしていませんでしたし、そもそもある程度大きな穴を開けなければなりませんが、その費用についても全く知識を持っていませんでした。

 

ある日、業者に見積もりを出してもらうと30万円ほどで出来ると言うことでした。50万円ぐらいかなと予想していた私の勘は大きく外れることになりましたが、良い意味での誤算と言えます。便器の交換も同時に行うことにしていましたので、別途便器代がかかります。

 

今まで使っていた温暖便座でウオッシュレットの便器で十分でしたので、店員からは新しい便器を薦められましたが、マドの工事にも費用がかかることから出来るだけ無駄な機能を排除した物を使うことにしました。合せて30万円ほどになりました。

 

実際にトイレを使ってみると、水をあまり使わないタイプですので、節水効果があり、水道代も数百円ですがいつもよりも安くなっています。

 

窓の効果ですが、西側とは言え、よく日が入ってくるため、昼間は電気を一切使用しないで利用することが出来ます。また、換気のため窓を開けることで換気扇よりも大幅に空気の入れ換えが出来るようになります。

 

トイレのドアの上のほうに直径2センチほどの丸いガラスの穴があり、そこからトイレの電気がついているかどうか確認することが出来ますが、あまりにも明るいので電気を付けっぱなしだと思いドアを開けたところ、電気はついておらず外の明かりの影響であることがわかりました。それだけ窓には大きな効果があります。

リフォームの神様の解説

今回は三協アルミのアルジオという商品をトイレに新設したぞっ。この商品は2015年10月に発売した新商品じゃ。

 

アルミと樹脂のメリットを合わせて生かし、独自の構造と技術で高い断熱性、暴風雨を寄せ付けない耐久性を徹底的に追求した商品になっておるんじゃ。2015年のグッドデザイン賞を受賞しとるんじゃ。どこでも引手という機能が付いていて軽く、スムーズに開閉が出来るんじゃ。

 

好きな位置で窓を開けることが出来るから、通風量の調整も簡単じゃぞっ。フレームがスッキリしておるから、スマートなデザインになっておる。お掃除もしやすくなっておるし、水が入ってきても抜けるような構造になっておるから浴室の出入り口にも使用可能なんじゃ。

 

ウォシュレットはLIXILのKBシリーズにしたぞっ。プラズマクラスターのよる鉢内除菌の機能が付いておるから、便器のフタをすれば作動するようになっておるんじゃ。汚れが付きにくい「キレイ便座」じゃし、ノズル周辺のお掃除も簡単な「ノズルキレイ」という機能もあるぞっ。

 

窓の種類は本当にたくさんある。それぞれ機能も違うし、値段も様々じゃ。相場も機能や大きさによってまちまちじゃ。自分の家にあったものを選ぶように業者としっかり打合せをすることが大切じゃ。

リフォームの青本


リフォーム内容別に相場を紹介していくぞっ!

トイレ本体 壁紙 介護系 その他