トイレリフォーム 相場

こんなことで悩んではいないか?

  • トイレリフォームの相場がわからない
  • 悪徳業者に捕まったらどうしよう

 

わしはリフォームの神様じゃ!

 

なーに安心せいっ!そのような悩みにすべて答えていってあげるぞ。

 

わしはリフォームの神様じゃぞ。だいじょうぶじゃ。わしを信じてこのサイトを隅から隅まで読んでみてくれっ!

 

このサイトでわしは様々な角度からトイレリフォーム相場を紹介していこうと思っている!

 

トイレリフォームを検討している迷える子羊からよく尋ねられる質問はほとんど一緒じゃ。

 

  • 相場がわからないので、ぼったくりにあってるのか判断できない
  • 相場がわからないので、安すぎると手抜き工事・欠陥工事をされるかもしれないと不安

 

実はわしは神様になる前はリフォーム業をしていたので、リフォーム相場にはものすごく詳しいんじゃ。

 

ほとんどの人がトイレリフォームをするのは初めてなんじゃないだろうか?そんなにしょっちゅうするもんじゃないからなぁ。

 

それは仕方がない部分があるんじゃが、不安を感じている人が大半だと思う。

 

トイレという小さなスペースでも費用が結構掛かってくるからな

 

だからこそ、事前にトイレリフォームの相場を知りたいと思ってこのサイトに来たんじゃと思っておるぞ!

 

安心せいっ!費用相場に関する悩みはすべて解決してやるぞいっ!

 

リフォームの神様が費用相場に詳しいわけ

 

実はわしがトイレリフォーム相場に詳しいのには理由があるんじゃ。

 

多くの人にとってトイレリフォームをする事自体が人生で初めてという方がほとんどだと思うんじゃが、いったいどれくらいの費用がかかるのか不安じゃないか?

 

業者側と消費者側だとどうしても情報に格差があるから、本当に信頼できるのかどうか、適正な相場で見積もりが出ているのかと不安じゃと思う。

 

その不安を解消するには、事前にトイレリフォームの費用相場をしっかりと調べてから業者に話を持っていくのが大切じゃ!

 

絶対にやってはいけないのがなんの知識も持たずにトイレリフォーム見積もりをお願いする事なんじゃ。

 

そんなことをしてしまうと、リフォーム業者の思うつぼになるので要注意じゃよ。

 

知識をつけるのが大切だということはわかっているとは思うけど、トイレリフォームの相場をどうやって調べたら良いのかわからないという人のために、おすすめの本を紹介するぞっ!

 

 

優良工事店ネットワークという会社が無料で配布しているリフォームの青本&外壁塗装の赤本というものがあるんじゃが、その中にはしっかりとトイレリフォーム相場に関する情報が書かれているんじゃ。

 

優良工事店ネットワークは、実はリフォーム業者ではないから資料を請求したら電話がいっぱいかかってくるんじゃないか?という問題は一切ないぞっ。電話・訪問営業をしないことをポリシーにしているからその点はあんしんできるぞっ!

 

一括見積もり業者に資料請求をして電話攻撃に苦しんだ事がある人は抵抗があると思うが、そのような心配は一切無用じゃっ!この本はあくまでもリフォームに関して業界人しか知らない費用相場などの情報を学ぶ事が出来る本と思ったら良いぞっ!

 

 

リフォームの青本

 

〜トイレリフォームの流れ〜

 

リフォームの青本の中でも紹介されているんじゃが、トイレリフォームの基本的な流れを紹介しておくぞ。

 

まずは、トイレの現状を確認じゃ。

 

どこをどんな風にリフォームしたいのか、イメージを固めておくのじゃ。

 

どうしたいのかがはっきりとわからない場合には、不満に思っている項目をリストアップすると、何を変えればいいのかが見えてくるぞ。家族がいる場合は、全員で意見を出し合うことも大切じゃ。

 

次は予習じゃ。

 

どんなトイレがあるのか、メーカーのホームページなどで確認しておくと良いぞ。他にも、内装の施工例を写真検索するのも良いじゃろう。ショールームへ出向くのも、イメージがより具現化されるのでおすすめじゃ。いつの時代も学ぶ姿勢は大切じゃからな。

 

この時にだいたいの費用相場を把握しておくのが肝心じゃっ!そうすることでリフォームの心配事が一気に解決するぞっ!わしがおすすめの本を事前に読んでおくことをおすすめするぞっ!

 

神様のおすすめ本

 

では、業者に見積依頼をするぞ。

 

業者に連絡をすると、納得の行く内容ではなかった場合に断れなくなってしまう、と不安になってしまう人もおるじゃろうが、見積依頼やリフォーム相談は無料なので、大丈夫じゃぞ。

 

見積依頼をすると、おおまかにどこをどうしたいのか、予算やリフォームの時期などを聞かれるじゃろう。ざっくりとした見積金額はその時点でも出るじゃろうが、正式な見積書を出してもらう為にも、実際に家に来てもらう現場調査の日程を決めるのじゃ。

 

現場調査では、トイレ空間の寸法をはじめ、今ついている便器の品番や設備の内容などを調べるぞ。

 

この時に、わからないことはしっかりと聞いておくのじゃ。ちゃんとした業者なら、しっかりと親身になって答えてくれるはずじゃ。これは、信頼出来る業者を見極める際のポイントにもなるぞ。

 

現場調査が終わったら、見積書をもらうのじゃ。

 

早ければその日のうちに、遅くとも1週間以内には見積りが出るじゃろう。

 

見積書をもらったら、しっかりと内容を確認するのじゃ。プランが気に入らない場合には再度相談して、きちんと納得の行く状態にするのじゃぞ。

 

内容に納得が出来たら、いざ契約、工事の日程決めじゃな。

 

トイレのクロス・クッションフロアの張り替え、便器の交換程度であれば、工事は1日で済むじゃろう。

 

家に2カ所以トイレがあれば、工事の日は1日家にいても大丈夫じゃが、1カ所しかない場合、工事中はトイレが使えないから、対策が必要じゃぞ。

 

あとはトイレリフォーム工事が終わるのを待つのじゃ。

 

引き渡し後には作業確認をして、不具合がないかをきちんと確認するのじゃぞ。もちろんアフターフォローにも対応してもらえるはずじゃが、きちんと保証書をもらっておくと安心じゃろう

 

あとは支払いをして完了じゃ!

 

トイレリフォームだけではなくてリフォーム自体ほとんどの人には初めてのことだと思う。初めてのことをするときはどうしても不安になるもんじゃがっ、その不安は知識不足・経験不足からくるもんじゃっ!

 

わしはリフォームを考えている人にはちゃんと知識をつけてからリフォームをするようにいつもおすすめしているぞっ!

 

特に今イチオシのリフォームの知識が身につく本がこちらじゃっ!!

 

リフォームの青本&外壁塗装の赤本

 

無料なので、読んでおいて損することはないぞっ!!

 

 

リフォームの青本

 

世の中には多くのトイレリフォーム業者があるが、その中でも依頼費用も安く良い仕事をしてくれる業者というのは一握りじゃ。

 

それを素人が目利きをして探し当てるというのは、宝くじに当たるようなもんじゃっ!

 

こちらはわしが書いたリフォーム特別コラムじゃ!リフォームする方は要チェックじゃぞ!

↓↓↓↓

 

リフォーム内容別に相場を紹介していくぞっ!

 

 

トイレ本体

 

壁紙

 

 

介護系

 

その他

 

リフォーム業をしていた時に担当したトイレリフォーム事例じゃっ!

 

 

今回の見積り相場 ¥760,000

 

祖母のためにもバリアフリーなトイレにリフォーム

 

今回のトイレリフォーム相場

トイレ:4.50u

和式から洋式にリフォーム

  • 便座= LIXILサティスGタイプ 6グレード:定価\367,000(税抜)
  • 手洗器 LIXIL キャパシア:定価\79,900(税抜)
  • 洋式トイレ用フレーム:定価\65,000(税抜き)
  • ドア=LIXILウッディーライン 室内引戸アウトセット方式 :定価\64,800(税抜)
  • 内装工事: \60,000 →床(フロアーシート)、壁・天井(クロス)貼り替え工事 
  • 仮設トイレ:レンタルトイレ:\33,000
  • 工事費用:\180,000→解体撤去、便器据付工事、木工事、建具取付工事、水道工事、手摺り取付工事
  • 工期:3日

費用相場:合計金額 \703,000(税抜) 税込:約76万

 

祖母のためにもバリアフリーなトイレにリフォーム

 

建築当時からの和式のトイレを使用していました。洋式のトイレにしたいと以前から家族に相談していましたが、水回りや外壁、お風呂など綺麗にしたい場所はそれぞれにあり、トイレの優先順位はなかなか上がりませんでした。段差がある和式のトイレだったので、段差をなくし、内装まで綺麗に整えると50万を超え、60万近くリフォーム代がかかってしまうこともネックでした

 

そんなある日、祖母がぎっくり腰になり、和式トイレの使用がとても困難になりました。普段から元気が取り柄で、腰痛があるだけなので、おむつを履くことはとても抵抗があったようです。しかし、和式トイレだと用を足すために腰を落とすことができず、バリアフリーや手すりもないトイレでは段差をまたぐもの一苦労で、泣く泣く腰痛が治るまでおむつ生活となりました。

 

祖母のあまりの落ち込み様に、これから高齢になっていく自分たちもいつぎっくり腰で、同じ様になるかもわからないし、祖母もケアも考えるとバリアフリーで介助が入れたり、ある程度一人でも利用しやすい用にしなければいけないのではないかと家族みんなが考え始めました。

 

生理的なものなので止めようもないし、普段使う頻度も高いのだから、思い切ってリフォームしようということになり、段差をなくし手すりもつけ、車椅子で近くまでいけるようにしました。介護や高齢者に優しく、壁紙も綺麗にはりかえ、清潔感がある洋式のトイレにしました。前はお手洗いの後に、洗面所まで行って手を洗っていましたが、トイレ内にお手洗いもつけました。

 

腰痛が治った祖母は、前に比べると本当に足腰の負担がなくなったととても喜んでいます。また子供達も、なんだかお店みたいととても気に入ってくれました。使用し始めて、用をたす時に使いやすいことはもちろんですが、掃除がとても楽になりました。以前の和式のトイレは、少し薄暗く段差もあるので、腰を曲げて床などを掃除をするのは、腰を痛める原因になったりして、掃除を面倒に思うことがありました。

 

リフォームしてからは、綺麗なのでその状態を保ちたいですし、明るくなったことで気分も明るく掃除できます。バリアフリーで床の段差をなくしたことで、モップ式の道具で隅々まで掃除をすることができ、トイレ掃除の後に感じていた腰の痛みから解放されました。

 

収納スペースも取れたので、ちょっとした掃除道具もおけて便利です。以前は一度お手洗いを出て補充していた、トイレ用品の補充も楽になりました。今ではトイレにちょっとした植物や小物などギャラリースペースを作る心の余裕もできました。毎日使うところだから、気持ち良く利用できるようになって、とっても満足です。

 

トイレリフォームの神様の解説じゃよ!!

 

わしと一緒にショールームへ行こうか、本物を見んとイメージがわかんからのう。

 

  • 便器を選ぶ(性能・洗浄の水の量・色・掃除がしやすい・汚れにくい等)
  • 手洗器を選ぶ(キャビネット付)
  • 洋式トイレ用手摺りを実際に使ってみる

 

便器などが決まったら、施工業者さんと打合せじゃなぁ。
お互いの確認の為に、平面図・完成予想スケッチなどを見せてもらうのじゃ。

 

良かったら、次は見積りを作ってもらおう。
見積りを見て、納得がいけば、契約して工事の日取りを決めるのじゃ。

 

いよいよ、待ちに待った工事が始まるぞぅ!
まずは、段差のある和式トイレの解体じゃ。便器を外し、段差の床をめくるのじゃ。

 

汚水管にゴミが入らないように蓋をして、給水管を止めておく。

 

水道やさんが、給水管、排水管、汚水管を新規の器具の位置に合わせる為に移動させるぞぅ。
次に、大工さんが床の下地補修と壁の下地補修をするのじゃ。

 

手摺りを付ける為に、壁の補強下地を取り付けて、下地のボードを貼って、下地が終わりじゃ。
仕上げに入るぞぅ、床に塩ビシートを貼ってのぅ、壁と天井にクロスを貼るのじゃぞぅ。

 

内装工事が終わると、便器と手洗器を据え付けて、給水管、排水管、汚水管を繋いで完成じゃ。
便器が使えるか、手洗器が使えるかの検査をしておるぞぅ。大丈夫だったようじゃ!

 

工事が完了したら保護シートをはがして工事完了の検査をしてくれるぞぅ!

 

問題がないとなれば、書類にOKサインをしてトイレリフォームの完了じゃっ。
これで、理想の快適なトイレを手に入れることができるわけじゃなっ。

 

『神様が教えるトイレリフォーム相場|費用事例を多数紹介』ではこのように色んなトイレリフォームの相場を紹介しているぞっ!

 

 

参考:トイレリフォーム費用相場!